|MY 24 HOURS|

ウェルネスコンシャスなパワーウーマンの24時間

東京オリンピックを来年に控え、
一大トレーニングブーム到来!
今、ウェルネス界で話題のパワーウーマンは
どんなライフスタイルを送っている?
VOL.6は外資系OLの間中 梨香さんが登場。
ブラジリアン柔術歴2年、
ヘルシービューティーな間中さんの秘密を追っかけ。
Check it out!

VOL.6 間中 梨香
/外資系OL

“単純に大きいから勝つわけではない。
それが柔術の面白いところ”

7:00 A.M.
ベッドから出るのは7時。うがいと、ヨガを交えた私流ストレッチをしたら、今度はお湯と冷水で交互に顔を洗うの。ルーティーンはこのくらいかな。

7:30 A.M.
MYブレックファーストは4種類。デニッシュパン、卵かけごはん、ゆで卵、バナナ。朝起きて、その日の時間によって余裕がある順で食べるものを決めているの。この4つのどれかに野菜ジュースをプラスしている。野菜ジュースとR1ヨーグルトはできる限り毎日摂取するようにしているよ。

8:00 A.M.
パートナーが家を出たらニュースを消して、スピーカーで音楽を聴きながら準備をする。最近は、スーパーオーガニズムの「Night Time」やYomiの「Unnskyld」、もっとうるさい感じのも聴くよ。だらだらと自分の時間を過ごすのが好きなんだ。1時間くらいしたら家を出発、イヤフォンに切り変えて本を読みながらバスで出社。何を読んでいるかって? ビジネス本が多いかな。私は毎日、本を読んでモチベーションを上げているのかも。

1:00 P.M.
ランチタイム。去年の冬頃、オフィスが大手町に引っ越したばかりでまだ周辺のレストランを探しているところ。だから、お気に入りをまだ見つけられないの。美味しいお店を知っていたら誰か教えて!

3:00 P.M.
午前中に大切なことは済ませておいて、午後はお茶でも飲みながらゆっくり片付けたいところ。今はスタートアップ企業で働いているんだけど、まだまだやらないといけないことが山積み。自分に足りないところを伸ばせるように日々模索していて、やり甲斐がいっぱいなんだ。

7:00 P.M.
おにぎりを食べたらオフィスを出て、ソウルメイトのSUMIKOと待ち合わせ。彼女はグアムと日本のミックスなんだけど、柔術はグアムでも人気らしいの。一緒にジムのトライアルに行ったらハマっちゃって……結果、SUMIKOが背中を押してくれて、柔術を始めることになったんだ。

8:00 P.M.
広尾の「カルペ ディエム」に到着。私たちは、ここでお気に入りの橋本先生のクラスを週1〜2回受けているの。終わった後は大体課題しか残らないんだけど、汗をかいて気持ちがいい! 柔術着に欠かせないのが、「ナイキ」のブラトップ。ランニングやヨガなど種目によって機能性が違っていて、ライトサポートのブラトップは機内でも活躍するし、ハードサポートのブラはトレーニング時のマストアイテム。今日着ている「lotlamb」のワンピースにレイヤードしたみたいに、ファッションにもマッチするデザイン性が好き。柔術を始めて2年になるけど、だらだらとしているからまだ白帯の3本ライン。2年もしたらみんな青帯にいくから遅い方だと思う。柔術は、実はすごく頭を使うスポーツで相手と組みながら次の手を考える。体の大きさだけで勝つのではなく、戦術で勝つ。女性でも大きな男性に勝つことができる。これが柔術の醍醐味なんだ。

9:30 P.M.
柔術を終えて帰宅したら、真っ先にシャワーを浴びる。あまりに練習がハードで疲れた日は、食事を摂らないでそのまま寝ることもあるかな。会食や友達と食事に行く日も多くて、最近は市ヶ谷の「焼き羊」というラム専門店がお気に入り。ラムはヘルシーで良タンパクだし、ここは何を食べても美味しいからパートナーとよく行く。外食はつい食べ過ぎちゃうから、家でご飯を作る日は塩分控えめにして、サラダや酢の物、チゲ鍋をよく作るよ。

10:00 P.M.
ゆっくり湯船に浸かれる日は、入浴剤を入れてリラックス。湯船の中で30cmくらいの小さなマッサージマシンを使って足のマッサージもする。

12:00 P.M.
寝る前に10分くらいストレッチをしたらパートナー(薬剤師)が、私のために調合してくれた特別のクリームをベトベトになるまで塗ってベッドに入る(笑)。2分もあれば寝られるかな

/ PROFILEプロフィール

RIKA MANAKA

東京都出身。ブラジリアン柔術歴2年。シリコンバレーのモバイルDSPにて働く外資系OL。
「VOGUE GIRL」インサイダーや「ナイキ」のウェルネスイベントにも参加するアクティブウーマン。趣味はヴィンテージのおもちゃ&文房具コレクター。
Instagram:@mnkrika