|HOTTESTアスリートにASK10|

プロ、アマ問わずスポーツをこよなく愛する
話題のメンズを徹底解剖。


女性のタイプや出没スポット、アッと驚く意外な一面を大公開。
VOL.2はサーフィン歴20年、キックボクシング歴6年の
「SATURDAYS」ブランドマネージャー、鈴木真悟さんが登場!

VOL2. 鈴木 真悟/SATURDAYSマネージャー

Q1. キックボクシングはいつから始めましたか?

6年前に先輩の紹介で学芸大学の「HAYATO GYM」に行ったのがキッカケです。キックボクシングをしている時は、完全に無の状態でサンドバッグをキックすることすら考えない。すごくストレス発散になるのがいいですね。僕にとって精神安定剤のような存在です。

Q2. キックボクシングを始めてから変わったことは?

タバコを止めました。ONとOFFのバランスがとれるようになって、イライラしなくなった。キックボクシングは体幹が鍛えられるから、趣味のサーフィンにも関係していると思います。あと人を見る目が変わったかも。一見、弱そうに見える人の方が実は強かったりするからね(笑)。

Q3. 仕事とトレーニングはリンクしている? 仕事のやり甲斐や楽しみは?

「SATURDAYS」のNYのオーナーもボクシングをやっていて、「SATURDAYS」×「HAYATO GYM」のコラボ商品を作ったり、直接リンクしています。仕事と関係しているからこそ、トレーニングも続けられる。2012年の3月オープニングスタッフとして「SATURDAYS」に入って、今はブランドマネージャーを務めています。この仕事は自分のライフスタイルに合っていると思います。お店にいることが楽しいですね。

Q4. トレーニングのルーティーンは?

週に3回、仕事後8時半頃から約1〜2時間トレーニングをします。毎週、木曜日は和田トレーナーの元、筋トレをしていて、4種類のスクワットから始まり、腕立て、肩周り、最後は懸垂と7種類ほどメニューをこなしています。トレーニング後、10時頃に帰宅して、チキンやブロッコリー、スープなど奥さんが作ってくれた食事を食べます。最初は「私はアスリートの嫁じゃない」と言われていたけど、最近は「今日はジムの日だっけ?」と、すっかり慣れてくれていますね。夜がライトな分、昼はしっかり食べるようにしていて、代官山の「末ぜん」によく行く。鮭の切り身定食が僕の定番メニュー。

Q5. トレーニング中のプレイリストを教えて

無ですね。ジムではアップビートな曲が流れているけれど、音楽はあまり気にならない。

Q6. 一緒にキックボクシングをしてみたい女性は?

モデルの榮倉奈々さん。スレンダーな女性が好きですね。え、奥さんに似てる?いや、ハードル上げないで。うちの奥さんの(笑)。やっぱり体を鍛えている女性がいいです。

Q7. トレーニングの愛用ウェアは?

今日履いている「ナイキ」のパンツは、メッシュ部分とサイドのスリットがいいですね。キックボクシングは足さばきが大切だから。数年前にスタイリストの先輩から“絶対に次にくるブランド”だと聞いていた「ホカオネオネ」は、初めて履いたんですが、やっぱり聞いていた通り、軽くて履き心地抜群! スラックスや遊びの効いたソックスとも相性がいい。ファッション性が高いところが気に入りました。

Q8. 憧れのアスリートは?

ムエタイ最強王者のブアカーオ。「HAYATO GYM」で一緒に練習してみたいな。あとはサッカーが好き。僕、吉祥寺出身だからFC東京ファンです。

Q9. お風呂派?それともシャワー派? リラックス方法を教えて

毎日、必ずお風呂に浸かります。お風呂では無の状態。20分くらい入浴して、上がったら11時頃から読書をします。政治や経済、小説が好き。なかでも、村上龍の 『愛と幻想のファシズム』は最高。読書は僕にとって一番のリラックス方法ですね。

Q10. OFFの過ごし方を教えてください。出没スポットは?

1歳8ヶ月になった、息子の晴太と遊ぶことが多いですね。最近、パパ、ママと言えるようになったんだ。やっぱり子どもは可愛いね。週末は、家族で子どもOKな用賀のレストラン「用賀倶楽部」によく行きます。代官山も好きだし、平日はやっぱり学大の「HAYATO GYM」でしょ。仕事が忙しくて1週間空くと、もう体が気持ち悪い。一番の出没スポットです。

/ PROFILEプロフィール

SHINGO SUZUKI

東京出身。「SATURDAYS」ブランドマネージャー。趣味のサーフィン歴は20年、キックボクシング歴6年。
Instagram : shingo1980