の画像   の画像

──日本とものづくり──

with JAPAN



移ろう四季への感覚
生真面目で熱心な研究
繊細な手作業


日本の伝統がファッションとして継承され、
未来へと繋がっていく。
ストライプデパートメントが
日本のものづくり文化を見つめ直す企画
『with JAPAN』。


11月のテーマは「日本の暖房・冬支度」。
駱駝の天然毛を中わたとする寝具、
素材にこだわり進化し続ける老舗の編み物、
身体を芯から温める天然塩の入浴剤など
ジャパンメイドの逸品を紹介します。




十一月 | 日本の暖・冬支度


くるまり、温もる

CAMEL × CAMEL

日本の寝具の歴史は、畳に始まり、綿、羊毛、羽毛と進化してきた。
今、注目されているのは「駱駝(ラクダ)」。
内モンゴルのフタコブラクダは、夏は約28度、冬は約マイナス25.6度と寒暖差が約50度の地に生息。
一日の中でも、日中の暑さから夜の冷えまで大きく変化する砂漠気候を生き抜く動物の毛が、いかに機能性に優れているか想像に難くない。
『キャメル・キャメル』では、寝具としての良さを体感できるように、細やかな調整を重ねた。

新しい日常を表す、
新しい定番ニット

Yonetomi NEW BASIC

アパレルで商品企画を経験したことがある人ならば知らぬ人はいない老舗、『米富繊維』。
大量生産・大量消費を見直し、次世代へ継承していけるものづくりを考えた結果生まれたブランドが『ヨネトミ ニュー ベーシック』。
社内のデッドストック資材をもとに、素材・編み方・アイテムの最適な掛け合わせを考え、今着たいと思わせるシルエットのニットを生み出す。
一生修理を承るという姿勢にも、日本人らしい「もったいない精神」が生きている。

身体を芯から温め、潤す

NEHAN TOKYO

徳島県最古であり、硫酸マグネシウム日本一のメーカー『馬居化成』が立ち上げたバスソルトブランド『ネハン トウキョウ』。
国内で唯一の再結晶製法で純度99.99%を達成した国内最高純度のエプソムバスソルトは、ビューティーにこだわりを持つセレブリティを中心に人気に火がついた。
天然ミネラル成分が肌に潤いを与え、整える入浴剤と温感スクラブ。
創業420年のプライドが宿る、実感できる効果をひもとく。