ミュートを解除すると音楽が流れます。

—始めに羽毛ありき—

フランスを代表するダウンブランド
『PYRENEX』

フランスには、
古くから鴨肉やフォアグラを好む食文化がある。

鴨やガチョウなどの家禽産業が盛んな地域では、
副産物として出る羽毛を集め、
ダウンやフェザーを製品化する産業も自然に発達した。
その主たる産地である
ピレネー山脈の麓にあたる地で
『PYRENEX(ピレネックス)』は創業。

1859年の創業当時は、
食用として処理された鳥の羽毛を用いた
ダウンの加工販売と寝具類を生産。

1960年代以降に
シュラフなどのアウトドア製品も作り始めると、
登山家やアウトドアフリークの間で評判となり、
アパレル製品の生産へとシフト。
冒険家としてヨーロッパの山々を登破した
ルイス・オードベールをテクニカルアドバイザーとして、
機能的なダウンジャケットを多く作り出した。

大きな転換点になったのは1980年代。

アウトドア専門だったダウンジャケットが
カジュアルウェアとして街でも着られるようになると、
『PYRENEX』も若手デザイナーと
コラボレートしたプレミアムラインを創出。

ファッションシーンへと大きく展開し、
フランスを代表するダウンブランドとなった現在も
独自のノウハウで高水準のダウンを生産しつつ、
新しい技術を取り入れ進化。
160年を超えるナレッジに基づいた製品は、
深い信頼を寄せるファンを増やし続けている。


/ THE FRENCH DOWN /

『PYRENEX』はグースやダックの飼育農場に
程近い場所に拠点を持ち、
ダウン原毛の
仕入れから仕上げまでを一貫して管理。
原毛は通常24時間、夏期は12時間以内に
処理を行わないと腐敗が始まり、
ダウン本来の
性能が失われるので、素早く処理できる環境が重要。

使用するダウンは14〜16週間育成された
成熟した水鳥の羽。
寒暖差の大きい寒冷地で
のびのびと育っているので、ダウンクラスター
(ダウンボール)は大きく育つ。
量産用ダウンは、生後6週間程度の水鳥の羽毛を
使用している場合が多いため
ダウンクラスターが
未成熟で小さく、保温性が十分ではないことも。

原毛の加工もダウンの品質を左右する重要な要素。
丁寧な洗浄とすすぎ、乾燥を繰り返し行い、
臭いや汚れ、埃などを取り除き、大型の選別機で
グレード別に選別。
丁寧な加工と洗浄度合いのテストの繰り返しが、
最高品質のダウン製品の提供につながる。

羽毛の加工はフランスメイド。
ジャケットの縫製はフランスの自社工場の他、
ブルガリアやチュニジアなど連携国工場でウェアへと生まれ変わる。
そのクラフトマンシップは手に入れたくなる逸品。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

PYRENEX

ピレネックス

フランスのピレネー山脈の麓サン・セベ(Saint-Sever)にて、羽毛を生産する会社として1859 年に創業したPYRENEX(ピレネックス)。
ピレネー山脈の麓という厳しい気象条件で育ったダックからピッキングされたダウンは非常に高いフィリングパワーをもち、保温性の高いダウンが生まれる。
1960年代に本格的なアパレル製品の生産を始め、現在はパリの直営店や百貨店、セレクトショップにコーナーを展開するなど、フランスを代表するダウンブランドへと大きく発展。
今でも羽毛販売や寝具の生産を続けており、世界的には珍しくダウンの総合メーカーとして、原毛から製品までを一貫して自社工場で生産している。