COOHEM/コーヘン // STRIPE DEPARTMENT EXCLUSIVE 定番の枠に収まらない魅力があるストデパ×コーヘンのポケTの画像 COOHEM/コーヘン // STRIPE DEPARTMENT EXCLUSIVE 定番の枠に収まらない魅力があるストデパ×コーヘンのポケTの画像

COOHEM/コーヘン // STRIPE DEPARTMENT EXCLUSIVE 定番の枠に収まらない魅力がある
ストデパ×コーヘンのポケT

ニット専業ブランドによる、こだわりの素材感を満喫!

逆説的な話になるが、「定番」と呼ばれるアイテムは意外なほど流行の影響に左右されやすい。分かりやすい例として挙がるのが、デニムだろう。どんなに洗練されたシルエットであっても、流行が変われば古臭く見えることもあるだろうし、ヴィンテージデニムとて流行り廃りで評価が大きく変わるわけだから、そもそも色あせない定番なんてモノが存在するのかすらかなり疑問である。

同じことがTシャツにも当てはまる。ビッグシルエットが主流の最中、ピタピタのTシャツをアウターとして着用するのは多少なりとも気が引けるかもしれない。ネックの形状が数年前と様変わりしたことは言うまでもないだろう。生地感については肉厚のタイプが主流であることに異論を挟む余地はないはずだ。そして近い将来、これに変わるトレンドの波が必ず訪れる。

それならば、「定番」という言葉に捉われずに、その時々の気分や自分らしさを大切するという選択した方が、デニムやTシャツと過ごす時間を今までに以上に楽しめるかもしれない。

【限定】Tシャツ14,000円/COOHEM、パンツ27,000円/KUON、サンダル22,800円/MAURO de BARI

そこで紹介したい注目のアイテムが、COOHEM(コーヘン)に別注したストデパ限定のポケット付きのTシャツである。

山形県の老舗ニットメーカー米富繊維株式会社のファクトリーブランドとして2010年に産声をあげたこのブランドのこだわりは、ユニークな素材を開発することで定番的なアイテムにプラスαの魅力を加えることにある。

こちらの別注Tシャツはその好例だと言えよう。流行を押さえたドロップショルダーのワイドシルエットのボディに、ブランドの代名詞でもあるツイード地でポケットを取り付けることで遊び心を加えたもの。カラーはホワイトとネイビーの用意がある。

ポケットに使用したオリジナルのツイードについては秘密がある。限りなく布帛に近い独特のハリがありながら、ニットの伸縮性を兼ね備えているため、窮屈さを一切感じさない。ポリエステル100 %であるため、水洗いも問題ない。ディテールワークにも目を向けてみよう。身頃の左裾には、アスレティックウェアのようにブランドタグを配し、そのタグには一枚ずつシリアルナンバーが印字されている。

Tシャツが恋しくなるこの季節。新しいワードローブの仲間としてぜひ取り入れてみてはいかが。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

COOHEM

コーヘン

「交編(こうへん)」に由来する造語から生まれた、山形県の老舗ニットメーカー米富繊維株式会社のファクトリーブランド。ニットツイードと呼ばれる独自のテキスタイルを用いた、新しいトラディショナルウェアを提案。すべての工程が一箇所で完結する希少なファクトリーから、日本のモノづくりカルチャーを世界に発信している。

/ LOCATION

NOHGA HOTEL UENO ノーガホテル上野

住所:東京都台東区東上野2-21-10
TEL:03-5816-0213
https://nohgahotel.com/ueno/
Instagram:nohgahotel.ueno