• SHARE BY

COVER STORY / WINTER NEW STANDARD

進化し続ける、トレンチコートの実力

今年も本格なアウターの季節が到来。重衣料の出番はもう少し先になるから、今のうちにさっと羽織れるコートをとことん楽しみたい。数ある選択の中から今回『ストデパ』が選んだのが、イギリスの老舗コートメーカー「グレンフェル」から届いたトレンチコート。ブランドの代名詞的存在である定番「ケンジントン」は、何と言っても“完成度の高さ”が自慢だ。伝統を継承するこだわりの物作りは、時代に合わせて進化し続けるため、色あせることを知らない。その優れたパフォーマンスをここで改めて検証する。

変わらない価値を持つ素材

「グレンフェル」のトレンチコートが特別である理由。そのひとつは“素材使い”にある。同社が開発した「グレンフェルクロス」は、熟練の職人による超高密度の織地で、防水性・防風性・透湿性に優れていることで広く知られている。基本的な織り方は今も変わらず、さらに最新の防水加工と染色が取り入れられている。そこに取り外し可能なウール混紡のライニングを備えることで「ケンジントン」のスタイルは完成に至る。伝統を紡ぐ究極のテキスタイルは、クラシカルなディテールワークと抜群の相性を誇るのだ。

素材の魅力を引き出すシルエット

着込めば着込むほど味が出る「グレンフェルクロス」のポテンシャルを引き出すのは、ずばり“現代的に再構築されたシルエット”にある。オーバーコートとして誕生したトレンチコートは、ゆったりとしたサイズ感が特徴の一つとして挙がる。「ケンジントン」は、そこから一枚で着て様になるパターンメイキングを突き詰めた。すなわち、スリムなフィッティングと程よい長めの丈感は、伝統の素材に無類の汎用性を与えているわけだ。定番を超えるトレンチの名品は、この季節のマストアイテムとして活躍してくれるに違いない。

SHOP by BRANDS

SHARE THE STORY

  
  • Photos: Zenharu Tanakamaru
  • Styling: Akiyoshi Morita
  • Hair & Makeup: Akihito Hayami
  • Compilation: Tsuneyuki Tokano

※掲載商品は税抜/定価表示となっております。

ARCHIVES