• SHARE BY

COVER STORY / AUTUMN AMERICAN CASUAL

懐かしくも新しい、大人のための着こなし

もちろん世代によるが、「ファッションの原体験は?」と聞かれた場合、「アメカジ」だと答える方が大勢いるかと思う。ヴィンテージデニム、スニーカーブームに熱狂したり、今もなお「カジュアルの基本」として根付いているといった声も挙がるだろう。さて、本題に入る。言うまでもなく、ファッションに永遠は存在しない。それゆえ、時代に合わせたアップデートが不可欠だ。それは、アメカジもしかり。グレードの高い素材、着こなしやすいシルエットにより生まれ変わったアイテムは、オフィスでの活躍にも十分期待できる。

洗練を目指す、いまどきのアメカジ

トラッドの代名詞、アワードジャケット。アメカジ世代なら“スタジャン”と読んだ方がしっくりくると思う。昔ながらの形だといなたく見えてしまうが、テーラリングを取り入れた「アトリエ ノティファイ」の新作なら、その点も問題ない。パンツ専業ブランド「ベルウィッチ」のチノパンのセレクトにも同じことが言える。当然、着心地にもこだわりたい。シワになりにくい「カミチャイオローファーズ」のシャツ、最新テクノロジーの駆使した「コール ハーン」のハイカーブーツは、機能はもちろん、今の気分を満たしてくれる。

スタイルの決め手となるコラボバッグ

メンズファッションにおいて、靴や時計と同じように、バッグは着こなしの印象を決定付ける重要なアイテムだ。たとえまったく同じコーディネートであっても、ここでの選択次第でスタイルは見違えるほど変わる。ご紹介するのは、「デンハム」の10周年を記念するプロジェクトから登場したブリーフィングとのコラボレーションによる2WAYバッグ。耐久性に優れたバリスティックナイロン、ミリタリーから着想を得たデザインは、都会的な着こなしと抜群の相性を誇る。オンとオフの境目を気にせずに使える“汎用性”が何よりの魅力だ。

SHOP by BRANDS

SHARE THE STORY

  • Photos: Zenharu Tanakamaru
  • Styling: Akiyoshi Morita
  • Hair & Makeup: Akihito Hayami
  • Compilation: Tsuneyuki Tokano

※掲載商品は税抜/定価表示となっております。

ARCHIVES