の画像   の画像

老舗の線香専門店から生まれた
新しい“香り”のかたち

ミュートを解除すると音楽が流れます。

About 『東京香堂』

「もっとカジュアルに楽しめる、
豊かで上質なお香の世界を届けたい」
東京香堂(TOKYO KODO)は、
フランスにて調香を学んだ
老舗線香専門店の三代目が、
2014年にスタートさせた
インテリア・アロマ・インセンスブランド。
利根川が流れる自然豊かな群馬県にアトリエを構え、
白檀を始めとする日本古来の香りを、
西洋の香料を取り入れながら現代のライフスタイルに
溶け込む新しい香りへとアップデート。
香水を纏うように空間を「香りの美」で満たすような、
芸術性の高い製品作りを目指している。

フランスと日本の香りの文化を
融合させた物づくり

年に一度、世界中の香料が集まる香水の都、
南フランスのグラースで天然の香料を厳選し、
伝統的な和の技法や素材と掛け合わせながら自社で調香。
ワインの様に年代や季節、環境によって香りが異なり、
“生きた素材”を調香することでその時にしか出来ない
「一期一会の香り」を生み出している。

香りをより引き立てる香立て

インセンスそれぞれの香りや色、
種類に合わせてセットになった、
オリジナルの香立てもこだわりのポイント。
日本の作家が一つ一つ仕立てた
陶器やセンノキ製の香立てで、
よりインテリア感覚でお香を楽しめるのも嬉しい。

/ PICK UP ITEMS /

自分を整えるために香を纏う
塗香「NEZ α」

飾るための香りではなく、
本来の自分に戻るための香り「塗香(ずこう)」。
古来より心を清め邪気を祓うものとして
仏教儀式などで取り入れられてきたもの。
通常は簡易的なパッケージのものがほとんどだが、
この商品はスティック状で
手軽につけられるロールオンタイプ。
インドの最高級品とされる老山白檀、
ベトナム産沈香など各地から天然の原料のみを
厳選・調達し調香した優しい香りで、
揺らぐ心を落ち着かせてくれる。
普段香水をつけない男性へのギフトにもおすすめ。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

東京香堂

トウキョウコウドウ

1935年創業の線香専門店の三代目であるペレス千夏子・ジョフレが2014年にスタートさせた、日本と西洋の伝統技術を融合させたインテリア・アロマ・インセンスブランド。香りを見えないアートの一つと捉え、香水を纏うように、空間を「香りの美」で満たすような、芸術性の高い製品作りを目指している。