の画像   の画像

日本の伝統を守りながら、
世の中にない“硝子”を生み出す

About
『KIMOTO GLASS TOKYO』

江戸切子など、今もなお日本に根付く美しい硝子製品たち。
そんな伝統を守りながら、進化させた硝子づくりに
取り組み続けているのが「木本硝子(キモトガラス)」だ。
80年以上もの間、常にマーケットを見据えてきた
問屋ならではの知見を生かし、
縮小を続ける日本の硝子市場の未来を支えるべく、
現代のライフスタイルにも溶け込むような
完成度の高い硝子製品のプロデュースを行っている。

魅力的な製品づくりを支える、
仲間の存在

贈り物にぴったりの水引デザインのグラスに、
飲むたびに月の満ち欠けが楽しめるグラス、

リサイクル困難な輸入ワインのボトルを生まれ変わらせた器。
いくつもの段階を経て生まれた、
斬新さと機能美溢れるアイテムの創造には、
協力パートナーの存在が必要不可欠。
東京下町の手作り硝子工場や江戸切子の職人たち、
時代の先端を行くデザイナーやクリエイター。
そんな頼もしいパートナーとともに、
日々、新しい硝子づくりに果敢に挑戦し続ける。

/ PICK UP ITEMS /

斬新さを纏った漆黒の江戸切子
「KUROKO」

江戸切子の伝統を踏まえながら、
現代の生活様式に合った新しい価値観を付加し、
革新を起こすことも必要なのでは?
そんな思いから生まれたのが、
今までありそうで無かったシンプルな幾何学模様と、
最も難しいとされる「黒」のみで
表現したモダンな江戸切子。
光を通さない漆黒の色被ガラスを使用し、
一切ブレない均等な直線で描かれた、職人魂が光る逸品。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

KIMOTO GLASS TOKYO

キモトグラストーキョー

1931年創業の老舗硝子問屋。「消費者が硝子製品に求めるモノは何か」「売れるモノ、売れないモノを分ける要素とは何なのか」「いまを生きる人々に親しまれる硝子製品には何か必要なのか」。80年もの間、常にマーケットを見据えてきた問屋ならではの視座を生かし、東京下町の手作り硝子工場や江戸切子の職人、デザイナーやクリエイターとタッグを組んで硝子製品の新しい世界創造を目指している。