の画像   の画像

近年のスポーツサンダルブームも相まって、
いまやスポーツサンダルを語るうえで欠かせない、
大人気のシューズブランド、SUICOKE(スイコック)。

本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを製作する、
自由な挑戦的創造開発をコンセプトに2006年よりスタートしたSUICOKEは、
世界的なソールメーカーである、イタリア・ビブラム社との取り組みも深く、
他社に先駆けてビブラムソールを搭載したサンダルをリリースし、
2014年に発表したビブラム社との共同開発によるフットベッドにより瞬く間に業界で注目の的に。

人が歩く時の動きや足の形を考慮し、ビブラム社が培ってきた
フットウェア用のゴム配合技術を最大限に活かしたSUICOKEのサンダルは、
柔軟な踏み心地に加え、反発性を兼ね備えた最高の履き心地と軽さが最大の魅力。

今回はそんなSUICOKEのサンダルを、
ストデパwomenバイヤーがレコメンド。

2020 June / file.04

SUICOKE

疲れ知らずの快適スポーツサンダル

DEPA-V2

✔︎ BUYER’S VOICE -01
抜群の履き心地、軽さ、耐久性は唯一無二!ビブラム社と共同開発したオリジナルフットベットを搭載し、アウトソールにもビブラム社のMorFlex素材を使用。軽さと耐久性のある仕上りに加え、つま先と土踏まず、かかと部分に足裏への負担を減らす膨らみを作ることで、疲れにくく柔軟な踏み心地を実現しています。また、肌が直接触れる部分にはネオプレーン素材のパッドを使用しており、フィット感もgood。日本ブランドならではの緻密な構造設計が秀逸!

✔︎ BUYER’S VOICE -02
男女問わず人気の大定番モデル。足首、足指、ふたつのベルクロ(マジックテープ)ストラップでジャストフィットに調整できる機能性はもちろん、オーセンティックに寄り過ぎないシンプルなデザインがスタイルを選ばない一足。アウトドアシーンはもちろん、「ちょっとそこまで」の日常使いにも活躍すること間違いなしのサンダルは、これからの季節に最適。

/ BUYER'S DATA

A子 / women服飾雑貨担当バイヤー

兵庫県出身・40代後半

洋服のデザイナー歴が約20年。ストデパへの入社を期にバイヤーへ。履き倒れの街・神戸出身の因果なのか、とにかく靴が好き。絞りに絞って断捨離しても100足以上所持。値段はピンキリで3,000円〜10万円以上まで幅広い。3万円の掃除機を買うのはめちゃくちゃ躊躇するくせに、5万円の靴は衝動買いも辞さない。高さのあるヒールでもいつまでもキレイに歩けることを目標に、整体での外反母趾ケアや骨盤のゆがみ矯正も時々実施中。
/ 今気になっていること / 
①世界情勢 ②人生哲学 ③毎日のお天気