の画像   の画像

ニットブランドらしく、
機械式ニットの発祥地イギリスに実在する
ストリートの名前を由来とする
『SLOANE(スローン)』。

ニット製品の輸入・販売に
長年携わってきた会社ゆえのこだわりを、
デザイン、価格、原材料など
随所に散りばめて作ったアイテムは
日本全国の大手セレクトショップや
百貨店などで取り扱われるほどの人気ぶり。


“細かいニュアンスを
作り手に直接伝えられるだけで
完成度が違うと考えて、
スローンは日本で生産されています。

ユニセックスで着用することができ、
普段使いのコーディネートに重宝するよう、
ベーシックなものをメインに構成しています。”



国内生産にこだわり、常に
「上質なベーシック」を紡ぎ上げる
SLOANEの定番ニットを
ストデパwomenバイヤーがレコメンド。

2020 September / file.13

SLOANE

国内生産にこだわった
上質な定番ニット

3G&5Gジーロンラム×カシミヤ
タートルネック

✔︎ BUYER’S VOICE -01
ベーシックな形でありながら、身頃部分は天竺編み、袖はリブ編みとパーツ毎に編み地を変えた表情豊かなミドルゲージのタートルニット。動きによるストレスをなるべく生じさせないよう工夫を施した裾と袖口は伸びにくく、長年愛用してもらいたいというメーカーの愛情を感じさせる。ニット専業メーカーがゆえの手頃な価格も嬉しい。

✔︎ BUYER’S VOICE -02
純血種の羊毛からしか採取できないソフトな風合いの、スーパージーロンラムズウールにカシミヤをブランドしたSLOANEオリジナル糸は軽く暖か。今年のストデパ限定カラーである落ち着いたワインレッドは、昨年の可愛い系カラー(うすピンク)とは雰囲気もガラリと変わって肌馴染みが良く上品で華のある大人のレッド。年齢問わず着られる1着。

✔︎ BUYER’S VOICE -03
太幅のリブ編みになったネックと袖口、裾がシルエットのアクセントになったデザインはオーバーサイズでもすっきりとした印象。背中上部にスッと横一文字に入れられたアイコニックなタック編みラインは、SLOANEとひと目でわかるようなブランドタグ的なアクセント。わかる人だけがわかる、さりげないファッションポイント。

BRAND STORY 002

SLOANEの物づくりのこだわりと
コレクションの魅力を紐解いた
インタビュー記事はこちら

/ BUYER'S DATA

H地/ womenアパレル担当バイヤー

東京都出身・40代後半

一男一女の子を持つマイホームパパバイヤー。アパレル歴は約20年。担当したブランドの商品が売れた時に感じる無上の喜びを求め、自身の経験と感覚でバイイングに励む日々。取引開始から担当しているSLOANEは、品質や着心地の素晴らしさだけでなく、2019年には某メディアでスタイリストが選ぶニットブランド第1位に選出された実績含め個人的にも一目置く存在。今年の夏はほぼ毎日子供らに強要される『どうぶつの森』の虫捕りに明け暮れる中、ついに念願のキャンプデビューを果たし、最近はイケてるキャンプ用品を物色中。
/ 最近気になっているコト・モノ / ①ベランピング ②オンラインサロン ③今秋公開の『鬼滅の刃』劇場版