の画像   の画像

『いつか母の故郷で何か特別なことがしたい』
南米、コロンビア共和国出身の母親を持つ
ひとりの女性クリエイティブディレクターにより、
2005年にスペインで産声をあげた
Guanabana (グァナバナ)。

コロンビアの技術と
スペインのアイデアを融合させた
独自のクリエイティビティにより
様々なアイテム・作品をプロデュースすることで、
購入した人も製作に携わった人も
みんなが幸せに過ごせることを願い、
誕生したブランド。

コロンビアでの雇用を生み出すため、
ハンドメイドにこだわって作られる
彼らのアイテムは、今や多くの人々を虜にし、
世界中の有名ショップで取り扱われるまでに。

少しずつ。けれど確実に。
世界を幸せにする活動を着々と広げる
サステナブルなハンドメイドバッグを
ストデパwomenバイヤーがレコメンド。

2020 August / file.12

Guanabana (Madrid)

ラテンアメリカの風を感じる
手工芸バッグ

Tote ショッピングバック
(ビッグサイズ)

✔︎ BUYER’S VOICE -01
南米、コロンビア共和国の首都ボゴタから遠く離れたカリブ海に面したラ・グアヒーラ半島に住まうワユ族。部族の女性たちの編み物技術を駆使し、1点1点ハンドメイドで巧みに編み上げるバッグやアクセサリーは、先住民族ならではの柄と個性あふれる色彩によって紡ぎだされる芸術作品! ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界500以上の取引先(有名百貨店やブティック、セレクトショップ等で取り扱い)を魅了する、丁寧で巧みな職人技に脱帽です。

✔︎ BUYER’S VOICE -02
代々継承されてきたワユ族の伝統的な技術が生み出す手工芸の付加価値と、ハンドメイドによる人間味を感じるデザインを組み合わせて作られる製品は、ヨーロッパのファッションデザインと伝統的なラテンアメリカの製造技術という、ふたつの世界の融合を感じさせる佇まい。スペイン・マドリッドのオフィスでシーズンごとに企画されるデザインはこれまでに3000柄を越え、コロンビアの自然や大地をイメージさせるような色や柄は見ているだけでハッピーな気分に!

✔︎ BUYER’S VOICE -03
24人の女性が属する職人グループと一緒に製作したブレスレットからスタートしたGuanabana。現在は100以上のグループにてブレスレットやバッグ、ベルト等様々なアイテムを生産し、バッグのメイン生産地域だけでも約900人の女性の雇用を創出。「我々の主な目的は、Guanabanaのコレクションを展開(開発)することによって、コロンビアの職人コミュニティにおける持続可能な仕事を創出すること」。そう語るサステナビリティ溢れるブランド信念も魅力。

ワユ族伝統の編み技法で1点1点手づくり。

すべての製品にゴールドのオリジナルプレート付き。

違う柄を数種類重ね付けするのも楽しいブレスレット。

/ BUYER'S DATA

Aずま / women服飾雑貨担当バイヤー

北海道出身・40代前半

虫は大の苦手だが、以前キャンパーの先輩に連れられ参加したニューメキシコキャンプ(いつかまた家族で行きたい!)が忘れられず、今では家族を引き連れキャンプを楽しむほどのアウトドア好きママさんバイヤー。今夏はコロナ禍でどこにも行けず、毎年恒例のフジロックもやむなくYouTubeで鑑賞。Guanabanaバッグの愛用歴は約7年。太ストラップのショルダーバッグはドサドサ物を放り込んでもへこたれない頑丈さと、色鮮やかなピンク、ブルー、イエロー、オレンジが目を引く中南米っぽいカラフルなネイティブ柄がお気に入り。
/ コロナが収束したら行きたい旅行先 / ①ベトナム ②アメリカ(ニューメキシコ州&アリゾナ州) ③高知県