希望を語るヨガウェア『Juana de Arco(ホアナ・デ・アルコ)』 希望を語るヨガウェア『Juana de Arco(ホアナ・デ・アルコ)』

希望を語るヨガウエア

『Juana de Arco』

アルゼンチン、ブエノスアイレス発。
手仕事によるプリントと生地を無駄なく使う
工夫が、
エコロジカルなマインドと一点物の価値を
創造するヨガウエアブランド
『Juana de Arco(ホォアナデアルコ)』。
スペイン語でジャンヌ・ダルクを意味し、

解放、発見、喜びへ導くよう、
願いが込められた。

デザイナーのマリアナ・コルテスは、
その願いに忠実に発信を続けている。

2001年のアルゼンチンの経済破綻を
きっかけに立ち上げた
「Proyecto Nido (プロジェクト・ニード)」では、
失業問題、若手アーティストの育成に取り組み、
サステナブルな社会を目指した。

COVID-19に対しても早くから行動。
マスクが1枚購入されたら、
NGO団体に1枚寄付する
「ナマステ プロジェクト」。

「マスクを縫製した工房を助け、
マスクを必要とする人に届け、
『ホォアナデアルコ』という一中小企業も助ける。
この災害を乗り切るためにたくさん働かなきゃならない」

そう語るマリアナ・コルテスの笑顔が、
着ることができるポジティブなメッセージを
届けてくれる。


ブエノスアイレスが故郷

人の暮らしと自然が程よく混ざり合う。
明るい光、緑の多い古い街並みが
『ホォアナデアルコ』のホームタウン。

肌触りが良く柔らかなレーヨンメインの生地。
木材パルプを原料とした再生繊維の一種でエコフレンドリー。

「南米のパリ」と呼ばれるアルゼンチン。
店舗があるのは、石畳が美しいパレルモ地区。

店舗のネオンサインの下にメッセージ
「Argrntina ♡ Japon TOGETHER 」。

コンセプトの「ONE OF A KIND(一点物)」を
表す店内。アートと共にアイテムが並ぶ。

自然との調和を生活に

ヨガをライフスタイルとするデザイナーのマリアナ・コルテス。
外気を感じながら身体の隅々まで解放する心地良さは、ベランダでも試すことができそう。
写真で着けているヘアバンドはパラグアイの伝統手工芸レース、蜘蛛の巣を意味する「ニャンドゥティ」。ヨガマットも同じ柄。
キャミソールは一枚で着られるように、パッドを入れられる仕様のものも。

ONE OF A KIND / 一点物

インドへのヨガ旅でインスピレーションを受けた色や形が、明るい気持ちにさせる。
誰一人として同じ存在がいないのと同じように、『ホォアナデアルコ』の服もひとつひとつが異なる。

作り手の思いを伝える

手仕事によるプリントの工房の作業の様子と、
この春スタートしたコロナ禍への支援を
デザイナーのマリアナ・コルテスが語ります。

ミュートを解除すると音楽が流れます。
[ プリント アトリエ ]
ボリビア出身のアーティストによる手作業の
シルクスクリーンプリントが一点物の秘密。
ミュートを解除すると音楽が流れます。
[ ナマステ プロジェクト ]
マスクを1枚販売したら、1枚NGO団体に
寄付。COVID-19に対するプロジェクト。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

Juana de Arco

ホォアナデアルコ

アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。
ポジティブでキュートな色使いが何よりの特徴。
あめ玉のようなカラフルなランジェリーやヨガウエア、クッションなどのインテリアに始まり、レディースコレクションからリラックスウエアまで充実したラインアップで展開。
愛情溢れる心豊かな生活を提案するライフスタイルブランドです。