【1/17オープン】rag & bone 【1/17オープン】rag & bone

2002年にアメリカで設立された
“ラグ&ボーン”がストデパにオープン。
流行に左右されないウェアラブルなスタイルが、
世界中のファッション玄人から愛され続けている
人気のブランドから最新コレクションと定番デニムが到着。

2019 Spring & Summer Collection

2019春夏コレクションでは、
ブランドの軸である
スポーツ、ミリタリー、ワークウェア、テーラード
のエレメントはそのままに、
どこかレトロスポーティな雰囲気を漂わせる
ラインナップを展開。

この春はレトロに、アクティブに

シンプルなデザインながらも上質な素材で毎日着たくなる
ラグ&ボーンのシーズンアイテム。
どのアイテムもさりげないディテールデザインが
どこかレトロかつ、アクティブな印象。

タートルネックのトップスは、
前面はシンプルで使い回しの効くデザインながら、
バックは背中にカットが入っていて洗練されたアイテム。
ジャージー素材のドレスには、サイドのスリットで
スポーティな素材感に女性らしいアクセントを。

一生付き合いたい
rag & boneのデニム

ブランドアイコンとなるデニムも、
ワードローブに1本は持っておきたいアイテム。
ブランド創設者のマーカス・ウェンライトが1年近くもの歳月を費やし辿り着いたデニムは、
計算し尽くされたフォルムと履き心地の良さ、
そしてヒップポケットの「rb」ステッチがポイント。

岡山県倉敷で生産された最高品質の生地を使用し、
アメリカのオーセンティックな技術で縫製されたデニムは、
手の形を考慮して縫われた
ポケット、ロックステッチ、リベットなど
細部に至るまで完璧を追求した、まさに究極のデニム。

スリムボーイフレンドのDre(写真左)は
足を美しく見せてくれるシルエットなので
長く重宝したいデニムの一つ。
ハイライズアンクルスキニー(写真右)は
ストレッチが効いていて、ストレスフリー。
丈がクロップドのためお直しが不要なこともあり、
日本ではベストセラーのシルエット。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

rag & bone

ラグ&ボーン

2002 年に設立されたアメリカのファッションブランド。 自分たちの周りの人々が「毎日着たくなるような服を作りたい」という思いからデニムを軸としてブランド をスタート。
デニムの製造はアメリカ国内で、着る人が時間をかけて良さが体感できるようなこだわりの服作りを徹底 している。流行に左右されないタイムレスなスタイルを発信。