PICK-UP TREND |  100年コート『SANYOCOAT』 PICK-UP TREND |  100年コート『SANYOCOAT』

100年コート

SANYOCOAT

「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう」
その想いをめぐらせて生まれたのが「100年コート」です。

コートひと筋で続けてきたからこそできる
きめ細かなものづくりと
国内で培われた技術を次世代へつなぐため
日本製であることにこだわり、
長く愛されるコート作りに挑戦しています。

100年という言葉は、
100年間の品質を保証するものではなく、
手入れをしながら
世代を超えて着られることを目指すもの。
コートを通じて、昔から日本で育まれてきた、
“ものを大事にする心” を伝えたいと考えています。

表地(先染め糸)
エジプトの最高級ギザコットンを使用し、美しい色を保ち続けるよう糸は先染め。経糸はベージュ、緯糸をゴールドに。色味の違う二つの糸を高密度に織りなすことで、上品で深みのある表情が生まれる。

表地(撥水)
外出先で突然の雨に降られても、多少の雨水は弾く撥水加工を施してある。表面の加工だけではなく、水を通しにくい耐水度試験をクリアした生地を使っているのも特徴。レインコートがルーツであるからこそのこだわり。

立つボタン
ボタンは一つずつ手付け。箇所によって付け方が異なり、表のボタンは生地の厚みを考えて高さを出した、通称「立つボタン」。留めやすく外しやすい、長年使用しても取れにくい。手仕事による絶妙な加減が必要な手法。

袖&裾のステッチがない
袖口や裾は表にステッチを出さず、それぞれ芯で補強をして縫い付け。補強することで端を落ち着かせて、型崩れを防ぎながら、洗練された雰囲気を生み出す。小さなこだわりが全体の印象を左右するポイント。


100年コート 3つのモデル

1.

スタンダード モデル

「100年コート」の原点。
すっきりとしたシルエットと、ほどよいフィット感が特徴。

2.

エイジド モデル

特殊な洗いを施した、長年着込んだかの柔らかな風合い。
軽い着心地も追求。

3.

クラシック モデル

一枚袖のラグランスリーブがポイント。
肩や袖周り、身幅にゆとりを持たせたデザイン。

/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

SANYOCOAT

サンヨーコート

70年超の歴史を持つ日本を代表するコートブランド。
「伝統と革新」「日本代表」「本物」をキーワードに、コートというアイテムを通じて「いいもの永く、大切に使う日本人らしい文化」を発信していきます。