PICK-UP TREND |  その香りは記憶か夢か PICK-UP TREND |  その香りは記憶か夢か

その香りは記憶か夢か

── 7人の調香師が紡ぐ物語 ──

“あなたの心には、どんな香りが眠っている?”

この問いから始まった
『LE CERCLE DES
PARFUMEURS CREATEURS
(サークル・デ・パフューマー)』の香り創り。

調香師たちは、まっさらな紙に
心の奥深くにめぐらせた想いを描いていく。

白く浮かび上がるキャンバスや暗闇が
美しく完璧な夢で明るく照らされるように、
サークル・デ・パフューマーの作品は、
凝縮された感覚や感情の自由な表現。

彼らが創った香水は肌の上で生き生きと弾け
着ける人を輝かせる。


/ 7つのクリエイション /

セレクトはインスピレーションで。
好みの香りをタップしたら、
香水が語るストーリーに耳を傾けて。


VAGUE DE FOLIE VERTE

ヴァーグ・ド・フォリー・ヴェルトゥ
──緑の狂気の波──

風に吹かれて
緑の草原が波のように揺れるさまは
水面に波が次々と浮かびあがる湖のようだ。
周りの高い木々は
小枝や葉っぱで編んだ王冠に見える。
上を向いた顔から苔にまみれた足元まで
流れ落ちる冷たい雨に震えながらも、
抑えることのできない甘美な自然が
胸を熱くする。


トップ: ミント スターアニス

ミドル: アブサン フィグ サンバックジャスミン

ラスト: ベチバー セダー ムスク

ヴァーグ・ド・フォリー・ヴェルトゥ オードパルファン 30ml/ 7,000円

Antoine Lie
調香師/ アントワン・リー

「身震いするような気持ちを起こさせるため、吹き荒れる風の渦を作りたかった。
そのために普通は使わないグリーンノートの香料を用い、“グリーン” が人を本当に熱狂させる霊薬(エリクシール)のような香水になるまで、その量を増やしていきました」

LIME ABSOLUE

ライム・アブソリュー
──無垢なライム──

初夏のそよ風に吹かれて過ごした
海辺の一夜。

過ぎた昔の思い出がよみがえる。

彼女の声高なおしゃべりや、
彼の静かで抑えたつぶやきを思い出させる。

心の底からの笑いと
優しい誓いの言葉、
その合間に秘密の愛の囁き。


トップ: レモン ライム グレープフルーツ

ミドル: ペルシャのライム プチグレン グリシン

ラスト: フィグ ベチバー サンダルウッド


ライム・アブソリュー オードパルファン 30ml/ 7,000円

Karine Chevallier
調香師/ カリン・シュヴァリエ

「ライムのはつらつとした香りに、女性の高くてクリスタルのように澄んだ笑い声が聞こえる。
ベチバーのカーペットの上を軽快に歩く彼女は、恋人の低い声と深い言葉に夢中になるのです」

LA DAME BLANCHE

ラ・ダーム・ブランシュ
──白いレディ──

KISS──
弾けるように始まり、
やがて羽のように軽やかに。
LIPS──
2枚の花びらが夢中に絡み合い、
やがて滑るように離れる。

クモの糸のように軽やかで目には見えない、
はかない香りの抱擁。

輝きを感じさせるエッセンス、
恋人のうなじにまとわりついて離れがたい

KISS。


トップ: カシス レモン

ミドル: ローズアブソリュート チュベローズ
ラスト: カカオレジノイド

ラ・ダーム・ブランシュ オードパルファン 30ml/ 7,000円

Julie Massé
調香師/ ジュリー・マッセ

「私はチュベローズに夢中です。特にグラースに咲く、“生きたチュベローズ”と呼ばれる花が。
この女神が持つ、軽やかで空気のような性質を強調することによって、優しくはかない抱擁、恋人の項(うなじ)へのなめらかなKISSを表現したかったのです」

MAGNOL’ART

マグノラート
──マグノリアが奏でるリズム──

ふたつの体が温まって
音楽のリズムを生み出す。

マグノリアと木の香りが
太陽の下でタンゴを踊る。

シルクのように軽くソフトなこの花は
崇高、快活、そしてはかない。

木の香りは力強く、うっとりとさせて絶妙。

ふたつが合わさるとき
彼等の肌は振動して、
太陽の香りを醸し出す。



トップ: ベルガモット スイートオレンジ イエローイタリアンマンダリン

ミドル: テンダージャスミン カシアの花 モロッコのミモザ マグノリア

ラスト: セサミ トンカビーン ヴァージニアのセダー


マグノラート オードパルファン 30ml/ 7,000円

Amélie Bourgeois
調香師/ アメリー・ブルジョワ


「暖かさを寒い冬に入れ込みたかった。それで肌に深く作用するふたつの香料を融合させた。
タンゴのダンスのように、この香水はあなたの足をすくい上げ、持ち上げ、情熱の赤い太陽の渦に巻き込みます」

À L’IRIS

ア・イリス
──アイリスにて──

オペラハウスの赤いベルベットの椅子に
パステルカラーの
シルクロングドレスに身を包む、
エレガントな女性。

アンバー色の肌の細い首には
光る真珠のネックレス。

エレガントに束ねたブロンドの髪。

巻き髪の合間に香る「イリス」は、
控えめで高貴な女性を飾る、花の冠。


トップ: ペア ベルガモット

ミドル: イリス サフラン スズラン

ラスト: ベチバー アンブレット ムスク

ア・イリス オードパルファン 30ml/ 7,000円

Nathalie Feisthauer
調香師/ ナタリー・ファイツアー

「イリスはまるで女王の香り。そのトーンは恋の言葉。
気高いな性質を表すには大胆な香りの組み合わせが必要なので、レザーのような香りと高貴なカラーのサフランをイリスにブレンドしました」

OSMANTHÉ

オスマンテ
──金木犀──

中国の空にかかる雲の上の庭園。

真珠のような霧、お茶の蒸気が
太陽の光に輝く。

まるで歩兵隊のように緑が取り囲み
金木犀の森が広がる。

棘のある素朴な香りが
道を切り開いて王宮へと導いてくれる。

宮廷の女性たちが身を包むシルクの上着に
酔わせるようなフローラルの香りが滲んでいく。

彼らの去ったあとに残る、
神秘の香り。


トップ: ベルガモット レモン アプリコット

ミドル: オスマンチュス ティー ヴァイオレットリーフ

ラスト: オレンジブロッサム サンバックジャスミン パチュリ


オスマンテ オードパルファン 30ml/ 7,000円

Jean-Christophe Hérault
調香師/ ジャン-クリストフ・エロー


「デリケートで可愛らしいオスマンチュス(金木犀)の香りは魅力的。まさにアジアの花だ。
夢の中で、私は中国の王宮の庭に足を踏み入れた。そこでオスマンチュスの森を見た。
霧に包まれ、フレッシュだがしっかりとした香り、そしてファンタジーの香りが漂う」

L'EAU À LA BOUCHE

ロー・ア・ラ・ブーシュ
──美味しさに誘われて──

深い喜び、抑えきれない喜び、輝く喜び
。
心の底から酔わせるような、
苦く甘い泡がわき上がる。

ジャングルの自然の色や音、
熱帯の湿った黄色、
グリーンや黒をふんだんに。

喜びが深く、シンバルが豊かに鳴り響く。

テラスで太陽を浴びながら飲むモヒートのように
誘われる美味しい香りがする。



トップ: レモン ミント

ミドル: ピュアなラム

ラスト: ガージャン サンダルウッド パチュリ

ロー・ア・ラ・ブーシュ オードパルファン 30ml/ 7,000円
*近日入荷予定

Cécile Matton
調香師/ セシル・マットン


「これは私を幸せにするすべてを濃縮した香水。
友達と鉛筆でかき混ぜながら飲んだモヒート、ラム酒を飲んで酔っ払った幸せな記憶。
湿気の多いジャングルの植物たち、雨に濡れた漆黒の黒檀(こくたん)の木」


/ INTRODUCING BRANDブランド紹介

LE CERCLE DES PARFUMEURS CREATEURS

サークル・デ・パフューマー

“サークル・デ・パフューマー(LE CERCLE DES PARFUMEURS CREATEURS)”は2013年、パリのビューティー・エンタープライズ社(beauty entreprise) が発表したメゾンブランド。優秀で情熱あふれる調香師たちが自由に創った香水のシリーズ。

自由な発想で創られる香水
“貴方の心にはどんな香りが眠っている?” この問いかけから、“サークル・デ・パフューマー”の香り創りが始まる。
調香師たちは、真っ白な紙をとり、彼らの心の奥深くに思いめぐらせた想いや考えを描いていく。
真っ白なキャンバスや暗闇の空が、美しく完璧な夢で明るく照らされるように、“サークル・デ・パフューマー”の作品は、フィーリングや感情が凝縮された自由な表現。

彼らが創った香水は肌の上で生き生きと香り、貴方を輝かせる。

香りの神髄を知る調香師たち
“サークル・デ・パフューマー”の調香師たちは皆、素晴らしいアーティスト、それは彼らの作品をみれば一目瞭然。
心の奥深くの内面を表に出し、調香というアートを通じて自らのインスピレーションを表現している。

自分の心のストーリーを伝えたいとの強い思いで選ばれた“サークル・デ・パフューマー”の調香師たちは、貴方の眼を新しい世界へと向けてくれる。 彼らは、クリエイティブな精神と香りの神髄を通してブランドに命を与える。情熱的で、好奇心にあふれ、美の追求に冒険をいとわない仲間たち。

現在、11か国、約200店舗で展開されている。