ストデパでキレイを叶える

BEAUTY TALK

06

Awake PR 小松規紀さん(後編)

ビューティー業界で活躍されているビューティストをお招きして、美にまつわるさまざまなお話を伺う、ストデパBEAUTY TALK。今春、大々的にリブランディングを果たして以来、美容家にもっとも注目を浴びているスキンケアブランド『AWAKE(アウェイク)』のPR小松規紀さんをゲストにお迎えしたトークの後編です。ナビゲーターのビューティービジネスプロデューサー曽田啓子が、より詳しい商品の魅力や今後の展開について伺いました。

“熟睡肌”を叶えるための
4つの約束とは

曽田 ブランド誕生のお話や小松さんの華麗なる転身のお話も伺ったので、後編ではじっくりと製品のことを伺いたいと思います。

小松 はい! ありがとうございます。じっくりお話しさせていただきます。

曽田 前編でも少し触れていただいた“熟睡肌”がコンセプトなんですよね。

小松 新しいAwakeは、外見と内面にギャップがあることも魅力的なのですが、オレンジがブランドカラーになっているだけあって、エネルギッシュでポジティブなんです。でも、現代女性は、お仕事や育児、プライベートだってお忙しいですよね。

曽田 小松さんもね。私も忙しいですけれど(笑)。

小松 そうですよね(笑)。睡眠不足な日だってあるわけです。でも、肌はそれを見せなくてもいいのでは、という発想からAwakeは、質の良い睡眠をとった後のような肌へと導く、まさに“熟睡肌”を叶えるというものなのです。

曽田 素晴らしいコンセプトですよね。女性にとってありがたいものです。

小松 そんな“熟睡肌”を叶えるために、製品はすべて、4つのPを約束しています。

曽田 4つのPですか?

小松 はい。Purity(純度)、Protecition(保護)、Potency(有効)、Permeability(浸透性)という4つのPです。

曽田 それぞれ詳しく伺いたいです。

小松 まずPurity(純度)は、自然由来のものを使用するというものです。そして、Protection(保護)は、日常の環境ストレスから肌を守ります。Potency(有効性)は、植物のもつ力を最大限に活用して肌に働きかけるということ。最後のPermeability(浸透性)は、そんな植物の持つ力をしっかり届けるということです。植物の力を信じているAwakeだからこその4つの約束です。また、動物実験も決して行わないことも約束しています。

曽田 パッケージだけではなく、製品一つ一つにもきちんとした真摯な気持ちがこめられているんですね。そんな素晴らしい約束を果たしてくれている製品の中で、やっぱり気になるのがオイルなんです、私は。

小松 さすが曽田さん、お目が高いです! すべての製品がイチオシといっても過言ではないですが、オイルはやっぱり特別です。

曽田 ショットというネーミングも愛らしいですよね。

小松 はい。テカリや毛穴、乾燥、くすみ、ハリの無さなど、それぞれ皆さんが持つ肌悩みに対してきちんと狙って集中ケアができる製品なんです。悩み多き方は、カスタマイズできるのも特長で、ブレンドするのも魅力的な使い方です。

植物のチカラがそれぞれ1本に凝縮された、小松さんもイチオシのオイル状美容液。4種それぞれ肌悩み別の集中ケアが叶うので、自分に合った“マイ ショット”をセレクトする楽しさもあります。

曽田 たとえばどんなカスタマイズですか?

小松 たとえば、寝不足の朝は肌のキメがみだれてくすみがちですよね。そんな時は、ラディアンスショットとバランスショットのブレンドがおすすめです。肌に透明感が出て、さらにボタニカルパウダーの効果で日中の化粧崩れの防止にもなるんです。また、スキンケアの時間を少しでも短くしたい方には、化粧水の後はショット1本でケア完了という使い方。また、洗顔後すぐにショットを使うというブースターとしての役割も果たせたりします。

曽田 今は、以前よりもオイル美容に対して、日本女性の方も抵抗が少ないですものね。

小松 はい、そうですね。「オイル=べたべたする」という発想より、オイルはとっても万能だということをご存知な方も多いです。それでもやっぱり苦手という方がいらしたら、そういう方にこそ、ぜひ使っていただきたいです。私自身、Awakeと出合ってオイル美容を取り入れたことで、トラブルの多かった肌が格段に健やかになって驚いています。

曽田 全種類欲しくなりますね。並んでいるだけでウキウキします。

小松 ありがとうございます。そういう方もとても多いです。スキンケア効果はもちろんですが、そばにあるだけで気分が上がるデザインであることも大切ですよね。とにかく、Awakeが気持ちまで“アウェイク”してくれるような存在になれたら嬉しいです。

来年2月が
ファーストアニバーサリー

曽田 ようやく皆さんにも新生Awakeが広まり、ますます人気が高まっていますが、今後のご予定や展望などありますか?

小松 今まで愛用してくださった方や新しいお客様、特に若いお客様にも興味を持っていただけて、とてもありがたい限りです。ぜひ、忙しい女性にこそ使っていただきたい製品が揃っております。植物とオイルの素晴らしさが1本に凝縮されたショットの魅力を、一人でも多くの方に伝えていけたらと思っています。そして、おかげさまで来年の2月で1周年を迎えます。ファーストアニバーサリーです。Awakeならではの色々なプロジェクトが進んでおりますので、ぜひご期待いただければと思います。

曽田 新製品も楽しみですね。

小松 ありがとうございます。これからのAwakeにご注目いただければと思います。

曽田 はい、引き続き注目しています。ありがとうございました。

今回の対談お相手
  • 小松規紀/コマツ ミキ

    アパレル業界でPRとして活躍した後、ビューティー業界へ。株式会社コーセーに入社し、2018年2月にリブランディングした新生AwakeのPRに就任。プライベートでは、オートクチュール刺繍を習ったり、映画や読書、旅行などインスピレーションを得ることを大事にしつつ、「メイクアップが楽しいようにスキンケアも楽しくできたら」という想いとともにアウェイクの魅力を発信し続けている。
ブランド紹介
  • Awake アウェイク

1995年に誕生し、女性の肌と心のストレスに着目したスキンケアコスメとして人気を博す。ブランド生誕20周年を過ぎて、今春、大胆なリブランディングを展開。美容業界でも話題となり、新生『Awake』は今、もっとも注目を浴びているスキンケアブランドの一つとなっている。

ナビゲーター
  • 曽田 啓子/そだけいこ

    ビューティービジネスプロデューサーとしてビューティー関連のプロデュースやコンサルティングを中心に活動。ブランドコスメからオーガニックコスメ、ビューティーツールまで、ビューティー関連の幅広いモノ・コトに精通。グローバルな視点で海外コスメにも詳しく、商品開発・プロモーションプロデュースや顧客政策をベースにした商品開発や販売手法、販売什器、店舗レイアウト、内装などのアドバイスに定評。ビューティークリエイター集団Three PEACE所属。

SHARE THE STORY

※掲載商品は税抜/定価表示となっております。

ARCHIVES